【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?トレンドをセンス良く取り入れる3つのコツをご紹介

投稿日:(金)

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?

目次

新しい年に向けてお部屋を整える時期になりますね。
せっかく整えるなら【2023年】のトレンドをおさえたカラーや素材を取り入れたいところ!

しかし、実際にどんな色が流行っているかは、雑誌などを見てもはっきりとした情報はなかなか見つかりません。

そこで今回は、新築やリフォームを約200部屋手掛けたインテリアコーディネーターから見たトレンドカラーと素材をお伝えします!

インテリアのカラーの方針でお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。

【2023年】インテリアトレンドキーワードはカラーも素材も『ナチュラル』

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?

2023年のキーワードを1つ、と言われたら迷わず『ナチュラル』です。

インテリアのトレンドを判断するときには、インテリア業界のパリコレとも言われるフランス・パリでの「メゾン・エ・オブジェ」の流れが大きな指標となります。
そこにはメゾン(家)、オブジェ(雑貨)に関する生活空間のあらゆるアイテムが集結。つまりライフスタイル全体のトレンドがわかるのです。

メゾン・エ・オブジェは毎年1月と9月、年に2回の開催です。
では、直近の2022年9月のメゾン・エ・オブジェはどうだったのでしょう?

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?
photo by 三宅利佳online salon
ソース

色はアースカラーを中心としつつエネルギッシュなブラウン、レンガ色、オレンジやグリーンがあふれていました。
また素材はラタン、サイザルや籐にドライフラワーなど自然からのインスピレーションや民族的な要素も目立ちました。

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?
photo by 三宅利佳online salon
ソース

暖かみのあるアースカラーに天然素材。まさにカラーも素材もナチュラル一択という感じですね!また先日PANTONEが2023年のカラーはビバ・マゼンタと発表しました。
【2023年】のインテリアは『ナチュラル』を意識してアクセントには暖色を取

『ナチュラル』カラーと素材をセンス良く取り入れるコツ3選

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?
ソース

では、実際のライフスタイルにはどのように『ナチュラル』なトレンドを取り入れていくと快適で心地よく過ごすことができるのでしょうか。
実際に使えるおすすめ内装のコツをお伝えします。

1.室内全体のカラーをナチュラルな同系色に揃えてみる

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?

全体的に色調は明るめのアースカラーがおすすめ。
アースカラーとは地球の大地や植物などの自然をイメージした色です。在宅時間に少しでも自然を感じて快適に過ごしたいという人が増えているのでしょう。色彩が感情に与える影響も大きいですよね。

実際、コロナ禍以前は床や壁をモルタルやコンクリート調にすることが多かったのですが最近は明るいオーク系のフローリングに、リネン風のベージュの壁が主流になっています。

自然で明るい色使いをベースとしつつオレンジレンガ色などの暖色トレンドカラーをアクセントカラーとして取り入れるのがおすすめです。

2.家具や小物にトレンド素材をいれる

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?

天然素材で自然のぬくもりを感じられる家具やファブリックがトレンド素材です。
例えばラタンの一人掛けチェアを1脚だけ取り入れてみる。もしくはもう少し簡単に籐のペンダントライトを下げてみたり、観葉植物のプランターカバーをかごにしてみる。ラグをサイザルにしてみる。そんな風にトレンド素材を部分的にお部屋に迎え入れるだけでも自然を身近に感じ、癒しの空間になります。

3.グリーンを取り入れる

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?

トレンドをアースカラーや天然素材で取り入れたら最後にグリーンを取り入れることをおすすめします。緑は感情に良い影響を与え私たちを癒します。
大きな観葉植物を置くのであればお部屋のフォーカルポイントに置きましょう。お部屋に入って自然に最初に目が行く位置が良いです。
チェストの上やキッチンカウンターの上に小さいグリーンを置くだけでも気分が

お手軽なインテリアトレンドアイテム!

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?
ソース

在宅時間を快適なものにしたい!できたら直ぐにでも変えたい!
そこで【2023年】トレンドカラーや素材を手軽に取り入れて楽しめるおすすめアイテムをご紹介します。

1.カーテン

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?ソース

お部屋の中でそこそこ広い面積を占めて、よく視界にも入るカーテン!

トレンドカラーと天然素材のどちらも満たすのであれば北欧テイストもおすすめ。北欧は日照時間が少ないためお家時間を大切にするデザインが豊富です。
オレンジやグリーンなどトレンドカラーとかぶるような色づかい、そして自然な光が透ける綿100%の天然素材などが多くみられます。アクセントカラー使いとしては難易度が高めなのでニュートラルカラーを選びお部屋全体をナチュラルにまとめるのがおすすめ。

北欧カーテンで部屋をグッとおしゃれに!おすすめカーテンからコーディネート事例まで

北欧カーテンで部屋をグッとおしゃれに!おすすめカーテンからコーディネート事例まで

北欧テイストのおしゃれなカーテンをご紹介!インテリアコーディネーターが、お部屋に北欧カーテンを取り入れる際のコツや、一緒に飾るとおしゃれなアート作品もお伝えします。

2.ラグ

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?ソース

ナチュラルなカラーと素材をあわせもつサイザルのラグやざっくりした綿のラグもトレンドアイテムの一つです。自然を感じられて気持ちがよいですね。

3.ラタン、籐などの雑貨

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?ソース

フラワーベースやプランターカバーなどの生活雑貨などに天然素材を取り入れてみるのもおすすめです。

特にフラワーベース等はいくつかあってもお花やグリーンの雰囲気にあわせて使うので買い足し易いアイテムです。

4.クッションカバー

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?
ソース

季節によって変えるクッションカバーにトレンドカラーを投入するのも手です。

例えばオレンジのような暖色系にして壁のアートや小物にもそれらの色をリンクさせる。点在するアクセントカラーに繋がりをもたせることもポイントです。

5.アート

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「○○」?

アートを迎え入れるのもおすすめ!

気軽に好きなテイストをお手頃な価格からチョイスできる通販サイトも豊富にあります。トレンドカラーを取り入れるのなら暖色系の抽象画や自然をモチーフとしたアートがおすすめです。

>Barrymore | neuronoa

スタート | 樫内あずみ | ¥33,000

オレンジをベースとしたどこか懐かしい雰囲気を感じる一枚。古道具のような味わいが特徴的です。

 

 

まとめ

【2023年】のインテリアのトレンドカラーや素材感は?キーワードは「〇〇」?

いかがでしたか?

今年は「ナチュラル」をキーワードに、オレンジやレンガ色などの暖色、グリーンや木材やラタンなど自然由来のアースカラーがトレンド。

これらを違和感なく取り入れられる「北欧テイスト」のインテリアで、今年のトレンドを楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

合わせて読みたいおすすめコラムはこちら

壁面は2色使いがポイント。目からうろこのインテリア実例

壁面は2色使いがポイント。目からうろこのインテリア実例

殺風景な事務所…古いからイメージを変えられないと思っていませんか?壁紙とアートの配置でかなり変わるんです。目からウロコの壁紙選びのコツも解説。

賃貸でも安心!壁に穴を開けずに絵を飾る4つの方法とは?手順をわかりやすく解説

賃貸でも安心!壁に穴を開けずに絵を飾る4つの方法とは?手順をわかりやすく解説

「賃貸だから壁に穴を開けたくない」「気軽に絵を飾る場所を変えたい」そんなあなたに壁に全く穴を開けずに絵を飾る方法を4つご紹介します!アート販売会社だからこそ知る、絵の飾り方を写真付きでわかりやすく解説します。

3LDK、3人暮らしの間取りでアートを飾ってみた!!おしゃれでこだわりのあるインテリアの実録も。

3LDK、3人暮らしの間取りでアートを飾ってみた!!おしゃれでこだわりのあるインテリアの実録も。

都内3LDKのお家に住む3人家族Y様のご自宅に、今回はWASABI運営事務局の村松が2つのアート作品を持ってお邪魔しました。 今までの一人暮らし部屋とは違い、広い空間で複数のアートを飾ってみた内容になっておりますので2点目、3点目のアート購入検討されている方やご家族でお住まいのお家にアート導入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。