長尾みのる


長尾みのる(Nagao Minoru)

イラストレーター

アーティストイメージ
  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1929年6月4日-2016年10月6日
出身
東京都
プロフィール
東京都中央区新富町生まれ。1950年、早稲田大学(旧)工芸美術研究所卒業。服飾専門校(西洋服装史)講師をしながら、舞台美術の勉強をする。1953年-1956年、無銭世界一周旅行。帰国後小説挿絵の仕事が舞い込み日本で初めてイラストレーターを名乗る。その後晩年に至るまでイラストレーターとして多方面で活躍。
アーティストとしての夢(ご親族様より)
長尾みのるの世界観を日本はもちろんのこと全世界の人に広めたいと思っております。
長尾みのるのイラストは色鮮やかで、飾っているだけでその土地に行った気分、その人に会った気分にさせてくれます。作品からイマジネーションが湧いてきます。今となっては行きたいところに何処へでも自由に行ける時代ですが、長尾みのるが若かった時代に海外に行くことは珍しく、絵を通して伝えようと、訪れた場所や出会った人々のそれを取り巻く環境を細かく描いているからではないでしょうか。
長尾みのるが見た世界を暮らしに取り入れ、様々な土地や文化、人々に触れ、旅に行ったようなワクワク感を味わっていただければと思っております。

オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)