コラム一覧に戻る

2018.1.26

インテリア

今度こそオシャレに!!引っ越し時のインテリア・家具配置のコツ

引っ越しの時のインテリアのコツ


juliet

引っ越しって面倒ですが、ワクワクしますよね。 新しい住居に、新しい家具。きっとこう心に決める人も多いのではないでしょうか。


「今度こそインテリアをこだわるぞ!!」
「今度こそ居心地のいい部屋にするぞ!!」


そうなんです、たかがインテリア、されどインテリア。部屋にいる自分を気に入ることが出来れば、生活はもっと豊かに自信に溢れたものになります。また、居心地のいいインテリアのお部屋に招かれた時の感動たるや。


あなたもきっと一度はあるはずです。普段から洋服もオシャレだな〜と思ってはいたけど、部屋にいってインテリアをみてあらためてそのセンスに驚かされた!!ということが。


juliet

インテリアはお金をかければいい、というものではもちろんありません。部屋の印象を決めるインテリアは何か理解して、イメージを統一させればあなたもセンスのいいお部屋を作ることが出来ます。


そのポイントについて、年間50以上のコーディネートを手がける三宅が解説していきます。




  1. 絶対にこだわるべきインテリア3点
  2. イメージを揃えよう!!
    1. シンプル派のあなたは:スタイリッシュクール
    2. ナチュラル派のあなたは:癒しカジュアル
    3. デザイン派のあなたは:無骨インダストリアル
  3. もっとおしゃれにするために


  4. 1.絶対にこだわるべきインテリア3点

    さて、言うまでもなくインテリアとは自由なものです。


    しかし、「この中から選んでください」と言われると決断をしやすいのですが、「さぁ、どうぞどうぞ自由に」とゼロの状態で投げかけられると、人は決断に迷います。


    juliet

    右に続く道と、左に続く道しかなければどちらかを選ぶことが出来ますが、何もない空間では、右へ行くのか、左へ行くのか、前に行けばよいのか、後ろに下がればいいのか…。


    なんだ。自由って難しいぞ!!


    さて。
    新しい生活、新しいお部屋に引っ越すようなとき、ゼロから揃えるようなとき、一体何から揃えたらいいのか?何を買えばいいのでしょうか?


    と悩めるあなたに、こだわるべき3つのインテリアをお伝えしましょう。


    それはズバリ、「ベッド」「照明」「カーテン」の3つです。 この3つのテイストを揃えて、インテリア選びを妥協しなければ、部屋の印象は目に見えてオシャレになります。


    まずはベッド。


    juliet

    そう広くもない部屋に大きなベッドなんか置いたら、部屋が狭くなってしょうがない、って思いますか?


    確かにベッドは大きな家具ですが、収納場所としても利用できると考えれば、かえってお部屋をスッキリ保つために欠かせないものです。まず最初に揃えるものとしてベッド選びを検討していきましょう。


    続いて照明。


    juliet

    デフォルトで照明が入っていることもあるでしょうか、照明にこだわると一気に玄人っぽくなります。照明の種類は千差万別で選ぶのも難しいかもしれませんが、売場にいくとワクワクすること間違いなしですよ。


    最後にカーテン。


    juliet

    カーテンは、既製品としてホームセンターなどで手に入れることが出来ますがおしゃれなインテリアを目指すのであれば、窓の大きさに合わせてオーダーをしてみてください。少しのカーテンのもたつきがなくなるだけで、部屋は一気におしゃれに見えます。


    2.イメージを揃えよう!

    さて、どのようなテイストであれ、以上3つのアイテムのテイストが揃って言えば部屋はオシャレに見えるもの。ここではインテリアの流行に沿って3つのテイストをご紹介します。お好みのものはどれでしょうか?



    シンプル派のあなたは:スタイリッシュクール


    juliet

    シンプルやモダン、スタイリッシュやホテルライクといったキーワードで表されるようなクール系がお好みのあなた。清潔感のある仕事が出来そうなインテリアです。


    まず直線的なフォルムのベッドを選びましょう。 白、黒、ダーウブラウンなどはっきりとした色がオススメです。思い切ってベッドを部屋の角に寄せず、中央に寄せるとサイドテーブルが映えてホテルライクになりますよ。


    照明はデザイナーズと言われる、著名なデザイナーが手掛けた有名な照明を選んでみたり、前衛的なデザインのものを取り入れてシンプルな部屋に遊び心をプラス。


    カーテンは無地のシンプルなもの、あるいは、輸入カーテンのようにちょっと大胆で大柄なものなどを取り入れると、かっこよく決まります。



    ナチュラル派のあなたは:癒しカジュアル


    juliet

    カジュアルやナチュラルといったキーワードで表されるような、くつろぎ癒し系のお部屋に住みたいのなら、ベッドのカラーは中間的な木の色、ナチュラルブラウンがおすすめです。


    照明はほっこり落ち着けるような、木やファブリックで作られた照明。 木や、草花など…自然界にあるものを連想させるデザインのものを取り入れてみるのもオススメです。


    カーテンは優しい色合いの木製ブラインドや、さっくりした麻(リネン)のカーテンなどが合います。



    デザイン派のあなたは:無骨インダストリアル


    juliet

    倉庫のようなインダストリアル系の男の子っぽい、かっこいいお部屋がお好みなら、ベッドや小物はアイアンやスクラップウッド(廃材系)を取り入れたようなデザインがオススメです。


    照明は黒、シルバー、錆びているような加工。無骨なまでに工場チックなものを取り入れるとかっこよくなります。 カーテンはデニム素材のものや、タイポグラフィ柄などがおすすめです。きっちりときれいにプリーツをつけたカーテンよりも、布切れ一枚をフワっとぶら下げるような、ラフなスタイリングが似合います。



    3.もっとおしゃれにするために

    さて、何系にするか決まりましたか?


    この3点を揃えたら、基本は出来上がり。その家具に揃えて必要なインテリアを揃えていきましょう。


    この時に、色の合わせ方には要注意!!是非この記事もチェックしてみてくださいね。



    さあ買いに行こう!!という時はこちらのインテリアショップもオススメ。インテリアコーディネーター一押しの厳選ショップです。



    それでは楽しい新生活を送ってください!!





Back number

FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >