空にいちばん近い村
空にいちばん近い村
空にいちばん近い村
空にいちばん近い村
空にいちばん近い村
通常価格 ¥5,500
/

制作年
2022年
技法/画材
デジタルプリント、アクリル付き木製額縁
サイズ
140mm×140mm, 額縁サイズ200mm×200mm
重さ
1500g
ストーリー
緑深き山の頂に 空にいちばん近い村が有ります
その頂のわずかに開けた平らな土地に
昔から7軒だけの古い民家があります
その数は 増えることも減ることもありません
誰かが居なくなると
その家に誰かが帰り来て住み続け
営みは永々と続くのです
この村には刻を知らせる鐘の音はありません
太陽の動きと月の満ち欠けだけが
時間と季節の移ろいを教えてくれます
村人達は みんな無口で 穏やかで 物静かな人々です
村の住人の数は いつも どんな時代も
11人と決まっています
村人の多くは長生きです
今は105才のおばあちゃんが最高齢です
腰も曲がり杖もついて
白い長い頭髪は 魔法使いの風貌そのものです
若者達は 皆この村を離れていきますが
去年 空き家が出来 村人は9人になってしまいました
そこへ若い夫婦が帰って来ました
更に来年の春には村にとっては37年ぶりに
待望の赤ん坊が生まれる予定です
誕生の喜びの知らせは
その前に どこかの家の住人が
ひとり居なくなる別れの知らせでもあります
備考
サインあり。※写真撮影の関係上、アクリル板を外しています。実際はアクリル板がついています。


【連なる家たち】


全体的に暗めの背景に赤い屋根の家が立ち並んでいます。独特な家の形が印象的です。

アクリル絵の具特有のハッキリとした色合いが作品の中でも生かされています。家の壁面には汚れの装飾もなされており、作者のこだわりが伺えます。

どこか不思議な雰囲気が漂う本作品。グレーでまとめたお部屋に飾ることで、空間の色彩とマッチするでしょう。


若林薫

美術家、絵画講師



  • twitter
  • insta
  • site
生年月日
1953年4月25日
出身
大分県出身
プロフィール
1980年インテリアデザイナーを経て、切り絵作家となる。 シンボルマーク、戦闘機スぺシェルマーキング、切手デザインなどを手がけ、作家として国内外にてこれまで数多くの個展、グループ展で作品を発表。現在は絵画講師として活動しながら油彩・水彩・切り絵・立体・アクリルと幅広い美術表現を続けている。
アーティストとしての夢
今この時自分の肌で感じる想いを絵と詩、物語に込めて創作活動を続けています。 私の作品から何かの気付きや新しい考え方が生まれ、未来の社会やまた誰かのお役に立つことが出来たらと考えています。

オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)

このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品