あちらのこちら-蓮下弦-金に紫 | WASABI(ワサビ)アート通販
あちらのこちら-蓮下弦-金に紫
あちらのこちら-蓮下弦-金に紫
あちらのこちら-蓮下弦-金に紫
あちらのこちら-蓮下弦-金に紫
通常価格 ¥30,800
/

制作年
2020年
技法・画材
アクリル、シルクスクリーン
サイズ
210x297mm
ストーリー
日中にのみ花ひらく蓮の花と、深夜から明け方にだけ姿をあらわす下弦の月。現実には出逢うことのないものたちを、イメージの世界でより合わせました。「あちら(イメージ)の世界」を「こちらの世界(絵)」へ。出逢いの可能性・創造が人の手でも織りなされることなどを感じていただけたら幸いです。
備考
サインあり
・2020年タグボート「independent Tokyo」出展作品。
・シルクスクリーンを使用しているために「複製画」としていますが、土台となる色は薄さ・厚さ・ムラなどあえて異なる表情をつけています。それぞれが一点ものとなります。


【現実には出逢えないものたち】

蓮の花と、下弦の月。現実では同時に存在し得ないふたつを、同じ画面におさめることによって、幻想的なイメージを創り上げています。

shei

光沢のある質感が上品かつ華やかな印象です。マットなパープルとの対比が、よりゴールドの輝きを際立たせています。

nagmusi

和モダンのお部屋にはもちろん、色数を絞ったシンプルなお部屋にもおすすめです。
お部屋を洗練された落ち着きのある印象に演出してくれます。

nagmusi



本橋デミル 瞳(Hitomi MOTOHASHI DEMIR)

絵師

アーティストイメージ
  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1985年2月8日
出身
東京都
プロフィール
子宮頸がんの卵(異形成)の宣告を受けて絵描きへ転身(29歳)。飲食店中心の壁画を制作しながら、ニューヨークや東京など国内外にて個展も多数開催。壁画実績は全国80点を超える(2021年現在)。
板絵はアクリル画とシルクスクリーンを使用。静かさの中にあたたかみのある和モダンな作風を展開する。
アーティストとしての夢
生きること•死ぬこと、そして森羅万象。病気の宣告以来、こうしたことが意識にのぼりつつ、自分の中の深い底から来る勢いで絵を描いています。観た方々が、生きることの切実さやありがたさ、人間としての豊かさ、愛などについて、感じるきっかけになれば幸いです。

オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)




このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品