森の唄
森の唄
森の唄
森の唄
森の唄
森の唄
森の唄
森の唄
通常価格 ¥100,000
/

制作年
2022年
技法/画材
アクリル、キャンバス
サイズ
455mm×380mm, 厚さ20mm
ストーリー
八ヶ岳にある清里に行きました。
自然のエネルギーを感じて絵に表す。というテーマを持っていきました。

今までは、「全力で出す」ことに恐怖があったので、そもそも受け取る量を減らす/閉じるということで調整してきました。
でももう、入口も出口も制限する必要がないことが分かりました。
そうなった自分が、何を感じどう表現するのか。それが知りたくて森に入りました。
その森で感じたエネルギーをスタンプでも押すかのように表現したのがこの一枚です。

鳥は描いていないのに鳥が舞い
木々の声が聞こえ
光が差す

そういえば小さなせせらぎに心奪われたことを、右下の水色を見て思い出したり

滞りのないクリアな状態で自然を摂取すること
それをまた淀みなくアウトプットすること

という実験は、今回成功したように思います

タイトルは『森の唄』
何か旋律が聞こえてきませんか?
備考
サインなし。


【自然を感じる】


作者が八ヶ岳にある清里に行き、森から受けたエネルギーを作品として書き上げた一枚。自由でダイナミックなモチーフの様子に、見ているだけでワクワクしますね。


画像

各々のモチーフは躍動感にあふれています。作者が森に行き、どんな自然を感じたのか?そんな感触が見ているだけでも伝わってきそうな描き込みです。


画像

緑いっぱいの自然を描いた本作品。大きめの観葉植物を置いたリビングルームに飾ることで、まるで自然の中にいるような癒しの空間なるかもしれません。


画像

大野幸子(Yukiko Ohno)

アーティスト


  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1987年4月6日
出身
福岡県
プロフィール
2020年よりアーティストとしての活動を開始し、1年で3回の個展を開催。個人宅からオフィス・店舗まで100点近くの作品を納品しました。これまで培った人材育成やコピーライターとしての経験を生かし、見る人の感情を揺さぶる作品づくりが目標。作品を通じて、自己承認を伴う深い癒しや、意味のないものを自分に許す自由を、お届けしたいと思います。
アーティストとしての夢
アートという存在の価値を、今まで触れて来なかった人に届けていくことが目標です。私は、見方や表現の自由をくれるアートだからこそアクセスできる場所があると信じています。得てしてそれは、すごく大事なものを見る人に思い出させてくれることを感じています。将来的には、簡単に行ける場所なのに、知らないうちに深い気づきが起こっているアート施設の建設や、より五感で感じられる舞台芸術などに取り組んでいきたいと思っています。

オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)




このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品