丸屋根のパビリオンと花の精
丸屋根のパビリオンと花の精
丸屋根のパビリオンと花の精
丸屋根のパビリオンと花の精
丸屋根のパビリオンと花の精
丸屋根のパビリオンと花の精
通常価格 ¥36,000
/

制作年
2022年
技法/画材
ジークレー
サイズ
173mm×133mm, 額縁サイズ395mm×333mm, 厚さ25mm
重さ
1200
ストーリー
薄あかりの庭の、花にかこまれた丸屋根のパビリオンの中では、婦人がネコと、なにか言葉を交わしているようです。前景の花畑では、花の精がそれを見守っています。
備考
水彩画をジークレー技法によって複製したものです。270部限定で、作品には作家のサイン下に通し番号が入れてあります。


【まさかの出会い】


美しいお庭の奥には丸い屋根のパビリオンがあります。手前には猫と女性の様子を観察する妖精。作品のどれを切り取っても少女漫画のワンシーンに出てきそうですね。


画像

新緑の季節でしょうか?緑が美しいお庭は、柔らかいタッチで描かれています。夢のような穏やかな世界観に、見ていて癒されそうです。


画像

美しい緑と穏やかな世界観が特徴的な本作品。木製の家具や観葉植物と一緒に飾ることで、より癒しの空間になるでしょう。


画像

角(すみ)しんさく

画家&イラストレーター


  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1956年2月9日
出身
岡山県
プロフィール
絵本、図鑑、実用書などのイラストレーターとして活動するかたわら、水彩画、油絵を描いてます。住まいは岡山県の美作(みまさか)で、うっそうと茂る木々にかこまれたなか、庭でバラやハーブを育てながら絵を描いてます。
アーティストとしての夢
水彩画は写実的ですが、実際の風景ではなく、すべて空想の風景です。小さな作品ではありますが、部屋に飾ると、そこから夢想が広がっていくような、そんな絵を描いていければと思ってます。

オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)




このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品