Science Fiction
Science Fiction
Science Fiction
Science Fiction
通常価格 ¥58,300
/

制作年
2019年
技法・画材
つまようじペイント、アクリル絵の具、キャンバス
サイズ
400mm x 400mm x 20mm
ストーリー
記憶や感情がデータ化され、永遠にクラウドの中で生き続ける日が来る。ほんとに?
備考
サイン有


【つまようじで描く抽象画】

つまようじの先にアクリル絵の具をつけて点描でモチーフを描く独特の技法を確立し、つまようじペインターとして活動するmomomi sato。機械の回路の一つ一つが、細かい点描で丁寧に描かれているさまは見事です。

絵

つまようじの点描で描かれた機械の回路からは、生命が宿ったような温かみを感じます。
まるでデータ化された記憶や感情が、回路の中で生き続けているようです。 絵

シックでスタイリッシュな印象もある本作品は、モダンなお部屋にもマッチするでしょう。
正方形で飾りやすいサイズですので、他の作品と並べるのもオススメです。

絵




Momo

つまようじペインター

生年月日
1988年4月13日
出身
千葉県習志野市
プロフィール
初めまして!私は武蔵野美術大学を卒業後、つまようじの先端で点描のように描く技法「つまようじペイント」を考案しました。アナログ感のある無数の点の美しさに魅了され、腱鞘炎に気をつけながら活動しています!2014年イオンマイバッグデザインコンテスト優秀賞、2017年 SHIBUYA PIXEL ART 特別審査委員賞受賞。
アーティストとしての夢
「つまようじ」と検索するとトップに出てくるようになる事。

選んだ道具はつまようじ?無数の点が生み出す魅力と、その点に込められた想いとは? つまようじペインター・momomi satoインタビュー

画像

 


オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)

このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品