115,000円(税込124,200円)

定価 115,000円(税込124,200円)

購入数
制作年
2006年
技法・画材
パネルに綿布、油彩
サイズ
33.3cm×45.5cm,P8号
ストーリー
春の訪れを告げる女神のささやき。まだ寒い中、ぽっと灯る明かりのような。
備考
右下にサイン有。
本人イメージ

ARTIST DATA

仲築間 三幸

1983年生まれ、大分県出身。東京学芸大学卒業後、絵画教室を開きながら画家として活動を開始。個展・グループ展など東京を中心に精力的に活動中。生命を持つ神秘性が丁寧に描かれた油絵の数々は、見るものに生きるものの持つパワーを伝えている。


▽プロフィールの詳細をみてみる



【春の芽吹きを伝える女神】

中築間三幸は、油絵で生命の神秘や美しさを表現する女流画家。その美しく、繊細な色使いと世界観で見るものを圧倒しながらも、どこか優しい世界へ導きます。

shei

当作品は、春の訪れを告げる女性の横顔を優しく描いた絵画。ほの暗いグレーの背景にふわっと灯るあかりが暖かさを感じさせます。桜の蕾は色づいて膨らみ、今にも開花しそうです。

nagmusi

大型の作品で飾れば部屋にぽっとあかりを灯します。春が待ち遠しくなり部屋の気温が上昇するような作品です。

※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

SPECIAL ISSUE

    STORY コラム

      Follow US