2016.10.27

風水・開運

知っておきたい!色や形によって違う、「ハート」の意味とは?

開運アナリストバーバラ

ペン

開運アナリスト バーバラ

色や形によって違うハート


女性にとって、永遠の定番モチーフである「ハート」。
豊富に身の回りにあるポピュラーなモチーフですが、意外にハートの持つパワーを知らない方が多いのではないでしょうか?



heart

一般的によく言われる、恋愛運のUP効果はもちろんですが、色や形によって意味合いが異なります。
しっかり意味をしった上でハートと向き合うと、ハートモチーフの物を購入するとき・プレゼントを選ぶ時などに、より一層愛着を持って贈ることができるかも知れません。



インテリアとしてのハートのモチーフ


幸せや愛情を示すハート型の歴史は古く、一説では古代ギリシャやエジプトの時代から使われてきたと言われています。


恋愛運を上昇させるとして有名なハート型ですが、それだけではありません。
より豊かで大きな意味での愛情を高めたり、ヒューマニズムについて考えるきっかけとなるモチーフです。
まさに新しい時代を象徴する形ですので、ぜひお手元にハートを飾ってみてくださいね。



heart

柔らかい曲線は、家の殺気を取るともいわれています。家の中には、直線のインテリアだけでなく、丸みを帯びた何かを置いておくことが良いといわれています。
なんとなく家の中がぎすぎすしているなと感じるときは、家族が集まるリビングや、夫婦の寝室に飾ってみてください。ほんわか柔らかい気を出してくれますよ。

何かに向かって頑張っている方は、仕事や勉強部屋にハートのモチーフを置いてみてください。くじけそうな心に力を与えてくれますよ。


いつも見えるところに飾っておくのが良いので、携帯の待ち受けにしておくのもいいですね。



ハートの選び方


ハート選びでは、ご自分の直感を大切にしてください。


ぜひハートの絵のリストを見比べてみてください。


「これ!」とピン!とくるものが、あなたとの相性の良いものです。


不思議なことに、選んだハートは、今の自分に必要な色なことが多いようです。強い心が欲しいときには、しっかりとした赤、女性らしさや癒しが欲しいときにはピンク、というように。



ハートの色と意味


ハートの色と意味です。あなたの選んだハートはどんな意味を持っているのでしょうか。



赤いハート:

困難を乗り切る強い心。実行力。情熱。勇気。正しい決断をする。大きな夢を心に抱いて世間をざぶざぶと渡っていきたいときにどうぞ。

ピンクのハート:

豊かな愛情。女性らしさ。恋愛運アップ。育む心。癒し。親しみやすさ。良い人間関係。冷え性の緩和。
ピンクは子宮内部の色。とても安らぐ色で、恋や子供、大切な人間関係など大切なものを育みたいときにぴったりの色です。



オレンジのハート:

新しいスタート。組織でうまくやる。受胎。元気に動き回る。はじけるような明るさ。
ちょっと心が沈んでいるとき、この色のハートを見ると元気がもらえます。朝、このハートに「いってきまーす!」と元気に挨拶してみてください。



黄色のハート:

自己実現。金運。得をする。新しいもの。ユーモア。自由。子供の心。
子供のような柔軟な心で、楽しみつつ自己実現。それに伴い金運も上昇という色です。いつまでも子供のような気持でいたい方は、この色のハートをラッキーモチーフとしてどうぞ。

緑のハート:

癒し。心身のリラックス。調和。信頼。感情を正しく伝える。素直さ。成長。
なんとなく周りに気遣いをして心が疲れているときや、誤解されがちな人はこのハートを飾ったり、待ち受けに持ってみてください。



青いハート:

自分を律する心。精神の安定。安眠。冷静さ。仕事運。才能を高める。高貴。冷静な判断を下せる色。
自分を律する色でもありますので、ダイエットにもきくんですよ。冷蔵庫周りにいかがでしょう。今食べようとしていうそれは、本当にあなたに必要なもの?と、ハートに向かって問いかけてみましょう。

紫のハート:

直感、第六感を高める。思慮深さ。芸術性。内省的な高い精神性。哲学。
スピリチュアル的な直感を高める色とされています。



茶色のハート:

集中力。専門職。サポートする。落ち着き。責任感。相手に答えを出させる。母性。
豊かな大地の象徴の色です。落ち着きがでる色ですので、おっちょこちょいと自覚している人はこの色を身近においてみてください。



白いハート:

調和。健康。神聖。消極的な気持ちを打ち消す。人間関係を改善する。リセットする。新しいものを生み出す。
どの色とも相性が抜群なので、他の色と合わせて使うのもいいですね。リセット力が強いので、疲れがちな人や新しいことを始めたい人にぴったりです。



金色のハート:

成功。才能の開花。金運上昇。発展。高い理想。威厳。金色は大変強い成功の色です。
強いので、ぎらぎらに使うと、ちょっと嫌みな感じにもなりがちです。ぴりっとアクセントとして使うとよいですね。ハート型は金色の嫌味な強さを緩和してくれるので、相性のよい組み合わせです。

銀色のハート:

改革。成功。自己の価値の上昇。自己実現。ロマンスの訪れ。実力をつける。
銀色のハートはとてもロマンチックなエネルギーを持っています。日常のちょっとした冒険やロマンスを求める人に。



黒のハート:

秘密保持。嫌なものを遠ざける。本心を悟られない。強い決意。威厳。甘いハートの形にピリッと強い秘密の色。
人に引きずられやすい方や、強い決意を秘めた方はこのハートを。



ハートの時代を生きる私達


私達は今、ハートの時代を生きています。
大宇宙のエネルギーは、刻一刻と変化をしていますが、ぽーんと大きなトレンドが変わる時期が定期的に訪れます。
21世紀の初め頃から、奇しくも東洋占星術でも西洋占星術でも、この大きなトレンドが変わったといわれています。
東洋占星術で言われる「第八期」、西洋占星術で言われる「みずがめ座の時代」というものです。

それまでの時代では、物質こそが大切なものとされ、それを得るための戦争が沢山起こりました。専門的な知識や情報は一部の人達のものであり、発信者はそういった知識を持った特別な人に限られていました。

今、時代は大きな意味で、次のトレンドに突入しました。
21世紀の初めから私達が突入している新しいトレンドは「心の時代」。ハートを大切にする時代がやってきたのです。



heart

物質的なことから、個人の精神的な成長、意識の変化を大切にした、より柔軟性に富んだ自由な時代へと徐々に移行が始まっています。
インターネットの発達とともに、それまで一部の人達のものであった専門的な知識の共有がなされ、無名の個人個人が発信者になれる時代がやってきました。世界中の様々な価値観を知り、ハートをより柔軟にして、心の成長をする時代がやってきたのです。
物質が豊かであればいい時代から、物質以外の本質を求める時代の入り口に今私達は立っています。

本当に人間にとって必要な「心」についての研究、ヒューマニズム、人々の相互理解を深めていくことなど、より精神的なものが今後のトレンドになっていくことでしょう。
ハートのモチーフは、そんな新しい時代を象徴するものなのです。
また、風水では、自然との一体化、エコロジーも第八期に発展していくと告げています。
新しい時代は、ハートと環境を大切にする時代となりそうですね






 

SPECIAL ISSUE

    STORY コラム

      Follow US