GOCHISOUSAMADESU | WASABI(ワサビ)アート通販
通常価格 ¥44,000
/

制作年
2018年
技法,材質
アクリル、ペン、艶出しニス、キャンバス
サイズ
F4 size H 333mm × W 242mm × D 20mm
ストーリー
[GOCHISOUSAMADESU] 日本の食事の習慣をシリーズで製作。『いただきます』(ITADAKIMASUはSOLD OUT)や『ごちそうさまです』は古き良き習慣であり、大事なコミュニケーションツールである。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

猪本 大介 dee-words(ディーワーズ)

コミュニケーションをコンセプトに外国言語を組み合わせ、文字のみの画風にし絵画作品として表現している。国内外とわず、壁画、ファブリックアート、様々な分野で活動中。


▼このアーティストの別の作品をみる


【コミュニケーションとしてのアート】

黒色のキャンバスの上に大きく描かれた「GOCHISOUSAMADESU」。その周りにはさらに文字が重なりあい、だんだんとひとつの図象として見えてきます。

art

様々な筆跡で描かれた「GOCHISOUSAMADESU」は、まるでこどもたちが口々に元気よく「ごちそうさまです!」と言っているような、そんな微笑ましい光景をイメージしてしまいます。

art

シックな印象とカジュアルな要素を併せ持った本作品は、様々なテイストのお部屋と相性が良いでしょう。
ダイニングに飾ると、日々の食卓がよりにぎやかになりそうです。

art




猪本 大介 dee-words(Daisuke Inomoto, ディーワーズ)

アーティスト

アーティストイメージ
  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1975年8月1日
出身
神奈川県
プロフィール

アルファベット、ひらがな、漢字の他、歴史ある言語や様々な言語など文字や言葉をキャンバスにぶつけ絵画表現。

人種や国籍問わず、コミュニケーションを広げるコトをコンセプトに作品を展開。


世界中でCOVID-19の感染拡大により、人種差別や略奪が起きているコトをとても痛ましく思う。

人々が絶えず争うコトから、お互いが歩み寄り、歴史や文化を少しずつ理解、リスペクトし『ありがとう、また逢おう』が増えて行くコトを強く願って。


現在はサンフランシスコを拠点とするIHGラグジュアリーライフスタイルホテル【KIMPTON SHINJUKU TOKYO】メインエントランス常設作品他、ライブペインティング、スニーカーペインティング、オーダー絵画製作、和紙を使ったランプシェードを制作。

また、ジャンベ奏者やファイヤーパフォーマーとのセッションなど様々なコラボレーションを予定。

アーティストとしての夢
抽象画でも具象画でもない、新しい分野での挑戦。作品制作する際には、関わった方々が参加型で名前を描くことも出来る。人とのコミュニケーションを一番に様々な場所へと行き渡ることが目標でもある。

オーダーメイドのご依頼について(詳細はこちらから)




猪本 大介 dee-words(ディーワーズ)(Daisuke Inomoto)

アーティスト

アーティストイメージ
  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1975年8月1日
出身
神奈川県
プロフィール

アルファベット、ひらがな、漢字の他、歴史ある言語や様々な言語など文字や言葉をキャンバスにぶつけ絵画表現。

人種や国籍問わず、コミュニケーションを広げるコトをコンセプトに作品を展開。


世界中でCOVID-19の感染拡大により、人種差別や略奪が起きているコトをとても痛ましく思う。

人々が絶えず争うコトから、お互いが歩み寄り、歴史や文化を少しずつ理解、リスペクトし『ありがとう、また逢おう』が増えて行くコトを強く願って。


現在はサンフランシスコを拠点とするIHGラグジュアリーライフスタイルホテル【KIMPTON SHINJUKU TOKYO】メインエントランス常設作品他、ライブペインティング、スニーカーペインティング、オーダー絵画製作、和紙を使ったランプシェードを制作。

また、ジャンベ奏者やファイヤーパフォーマーとのセッションなど様々なコラボレーションを予定。

アーティストとしての夢
抽象画でも具象画でもない、新しい分野での挑戦。作品制作する際には、関わった方々が参加型で名前を描くことも出来る。人とのコミュニケーションを一番に様々な場所へと行き渡ることが目標でもある。

このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品