SAVE POINT
SAVE POINT
SAVE POINT
SAVE POINT
SAVE POINT
SAVE POINT
通常価格 ¥96,800
/

制作年
2021年
技法/画材
アクリル絵具、岩絵具、金泥、ジェルメディウム
サイズ
453mm×530mm, 厚さ17mm
重さ
700
ストーリー
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。街中でのドローイングは以前より変わらず続けているが、コロナ禍により、人々の表情はほとんど伺えなくなり、どこか喧騒も寂しげに感じる日もある。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていこう、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
備考
サインあり。作品画像は、実際の商品の色味に極力近くなるよう撮影を行なっておりますが、パソコンのモニターで見える色と  実際の作品では若干色味の違いが生じる場合がございます。また、直射日光のあたる壁面に展示される場合は退色・変色の可能性があります。なるべく直射日光があたる壁面は避けて飾って頂けたらと思います。


【今をはじける】


コロナ禍以降の日常を元に作者が「今」を描いた一枚。ポップな色使いによって、新しい表現ながらも親しみのある感覚を得ます。


画像

アクリル絵具以外にも岩絵具、金泥、ジェルメディウムを使用して描かれた作品。浮き上がった絵の様子にエネルギーを感じます。


画像

鮮やかな色彩が印象的な本作。モノが多めなリビングルームの一角に飾っても、持ち前の存在感で、絵画のある生活を堪能できるでしょう。


画像

日比谷 泰一郎(Taiichiro Hibiya)

アーティスト

アーティストイメージ
  • site
  • insta
  • twitter
生年月日
1987年11月20日
出身
埼玉県
プロフィール
武蔵野美術大学大学院日本画コース修了。国内外の個展、グループ展多数。岩絵具や箔といった日本画の画材とアクリル絵の具を組み合わせた平面作品を制作しています。
アーティストとしての夢
何気ない日常をドローイングし作品化することによって、ここに存在していたという事実を証明するような、日常の抽出を試みています。繰り返される日常の価値、意義を再考するきっかけになる作品を生み出していきたいです。 

このアート作品を見た人はこんなアート作品も見ています
最近チェックしたアート作品