風水的、リビングに飾る絵のオススメ。運気を呼び込む飾り方を徹底解説

目次

2020.10.23更新

風水・開運

風水的、リビングに飾る絵のオススメ。運気を呼び込む飾り方を徹底解説

リビングの役割とは




リビングは家族みんなが集まって団らんする所。 家族の絆を深めて、家運を上げて、学校や社会で活躍するためのパワーを養う大切な場所です。


仲の良い家族って、リビングが居心地いいんですよね。


リビングにはなるべく自然素材のものを置きましょう。木製の家族全員が余裕で座れる大き目のテーブルがあるといいですよ。


ソファーを置くなら、皮ではなく断然布製がおすすめです。2つ以上あるときは模様をそろえてくださいね。模様がちぐはぐだと、家族に変な噂がたってしまいがちです。色や柄に統一感を持たせるのが、家族運アップのポイントです。


さて、リビングが居心地よく調ったら、仕上げに絵を飾ってみましょう。部屋は絵によってがらっと雰囲気を変えます。


1番のポイントは、見て気分が良くなる絵。 風水で勧められたからといって、ご自分のテンションが下がるような絵は飾らないでくださいね。見たときに、「これだ!」と思えるような絵にきっと出会えるはずです。


絵は窓のかわりをする

古いマンションの間取りなどでありがちですが、リビングに窓がなかったり、小さな窓で薄暗いような場合、運気が落ち込んでいる場合があります。吉相のリビングは、明るいお日様と相性が良いのです。


なかなか日光を取り込めないタイプのリビングの場合、絵を窓のかわりに使うことができます。絵から陽の気を呼び込みましょう。



それと共に、インテリアにお日様の光を表すような明るい、ちょっとポップなポイントカラーを取り入れましょう。リビングの東に太陽があり、インテリアにポップな色があると、「よしっ!やるぞ!」と元気がわいてきます。


窓のない部屋に窓を作るイメージです。付け替えられる分いろいろ楽しめて、お得感がありますね。


あなたはどんな窓をおつけになりますか?


それでは、一般的にリビングに飾るとよいと言われている絵をご紹介いたします。



【全方面に運気を上げる】赤富士の絵

リビングにお勧めの絵に吉意の強い赤富士の絵がございます。富裕層の家に行くと、高い確率で飾ってあります。


場所はドアの向い側に置いてください。ドアの反対側は座山というものにあたります。座山は家や部屋の背中を表します。ここに高い山などがどっしりとあると運気が安定し、金運も上がるのです。あと、家の中心人物の背後に飾るのも良いですよ。その方の運気をサポートしてくれます。


赤富士の他にも、山の絵や森の絵、美しい建物など、どっしり感があって、発展性が感じられる絵を、ドアの反対側の壁に飾ってみてください。



【にぎやかな人気運を呼び込む】鳥の絵

今年は酉年ですね。鳥の絵はリビングにぴったり。


干支の動物をその干支に飾るのはタイミングをつかむのが上手になりますので、お一ついかがですか?


にわとりの絵は、嫌な噂をついばむといわれています。ご近所や学校、会社での人間関係を円満に保ちたい方にはお勧めの絵です。リビングの西の方角がおすすめです。家族の守護神となってくれそうです。


沢山のお友達を作ってわいわいしたい方にお勧めなのが、雀がぎっしりと集まって枝にとまっている絵。みんなでおしゃべりしたり、歌ったり、と言った感じのかわいさがある絵です。鳥の絵って、友達運にとても効きます。カモの絵も友達運に良いのですよ。愛らしい鳥の絵は、リビングの東南方向がおすすめです。


もう少しグレードアップした人気運が欲しい方は、南に鳳凰の絵を飾ってみてください。芸術運を司る鳳凰は、芸能関係など、才能と人気運が必要な方の運気をサポートしてくれます。


目上からかわいがられたい方や、伝統的なお仕事にかかわっている方には、鶴もお勧めの絵です。富士山の近くを飛ぶ鶴など、他の吉意が強い絵柄と合わさった絵もいいですね。北西に飾りましょう。



【恋愛運や金運をあげる】花やフルーツの絵

リビングに飾る定番は、美しい花の絵やフルーツの絵。 リビングを心地よい雰囲気にしてくれます。


どこに置いても吉相になりますが、特に恋愛運やご縁運をアップさせるには、東南に花の絵を飾るとよいでしょう。花が咲き乱れる感じの生命力あふれるものがいいですね。


金運や貯蓄運を増すなら、フルーツの絵を西に飾りましょう。さんかんの実といいまして、桃とザクロと橘の絵は特に子宝運が欲しい方にいいですよ。



【インスピレーションを高める】コミックイラスト

思わずほっこりと笑ってしまうマンガチックな絵も、リビングにはお勧めです。若々しい雰囲気になりインスピレーションが湧き出します。

 

【北の方位に飾ると吉】ハートの絵

何かと寒々しくなりがちな北は、暖かな雰囲気にまとめましょう。


ハートの絵柄や、ピンクなど暖色の柔らかい雰囲気にまとめてみてください。ふんわり丸い形とも相性抜群です。北は愛情を示す方位です。北をふんわり優しく整えると、家族の愛情が深まります。


和風のリビングには手ぬぐいはいかが

和風のリビングには、手ぬぐいを飾るのはいかがでしょうか?





手ぬぐい専用の額もあります。掛け軸はリビングには格がたかいですし、飲食の機会も多いリビングは湿度も高いので向きません。その点、和柄の手ぬぐいは湿気にも強いですし、値段も手ごろなので、いろいろと付け替える楽しみもございます。



日本には、伝統的な吉祥文様がございます。せっかくなので代表的な和柄をご紹介しますね。


松:神が依りつく木として、古代より格が高い木とされています。常緑なので、健康や長寿の意味を持ちます。昔から、家に松のある家に病人なし、といわれる位、健康運によい松。絵で飾るだけでなく、盆栽や庭木として植えるのもいいですよ。


青海波(せいがいは):どこまでも続く波を表した三重の半円の連続。未来永劫への願いが込められた文様です。家族の永遠の発展を願って。


亀甲、毘沙門亀甲:亀の甲羅を模した六角形。長寿の意味が込められています。中でも毘沙門亀甲と呼ばれる柄には、必勝の思いが込められています。受験生を持つご家庭にいかがですか?


七宝:仏教の経典に書かれている七つの宝物、金、銀、瑠璃、珊瑚、瑪瑙(めのう)、玻璃(はり)を表しています。発展、円満、調和を表します。


籠目:竹で籠を編んだ網目模様をしています。五芒星に通じるものがあり、鬼が嫌う魔除けの文様とされています。家族の厄除けにいかがでしょうか。旦那様の浮気封じにもいいんですって。


いかがでしたか?

リビングに絵を飾る。


特別なことのように思いますが、飾ればリビングの空気が本当にふわっと変化してくるから不思議です。


是非、あなただけのリビングに欠かせない素敵な絵を探してくださいね。