購入数
制作年
2021年
技法,材質
アクリル絵の具、キャンバス、木片、コルク
サイズ
410×318mm(F6)
ストーリー
物思う象の肖像。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

松崎大輔

様々な職業や海外生活を経て、37歳から画家として活動開始。地球の生きとし生けるものの「調和・共生」をテーマに、カラフルなポップアートを描く。作品制作の他にライブペイント、壁画制作でも活動中。


▽プロフィールの詳細をみてみる


【優しい色彩と表情の象】


陽だまりを思わせるような明るいオレンジのキャンバスに、柔らかなグレーで描かれた象。
シンプルな線ながらも、思慮深さを感じさせるような表情です。

絵

キャンバスの上から貼られたコルクは、まるでパッチワークキルトのような温かみを感じさせます。
筆の跡によって生み出されるグラデーションも、作品のもつ柔らかな印象をより引き立てています。

絵

ウッディな家具など、ナチュラルテイストのインテリアと合わせて飾るのがおすすめです。
お部屋を癒しとくつろぎの空間へと演出してくれるでしょう。

絵



※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

FEATURE 特集とランキング

COLUMN コラム



    FOLLOW US