購入数
制作年
2020年
技法・画材
画用紙/アクリル絵の具/アクリル板/木
サイズ
300×300×60mm
ストーリー
日常生活の中で気になっている風景を記憶を手繰り寄せながら絵を描いています。
電車から見える土留された斜面は金網のようにも見えます。街中にふっと現れる棕櫚とともに配置しました。
備考
サインあり


【日常を浮遊させる】


木枠のなかに広がっているのは、独特でとらえどころのない世界。
土留された斜面も棕櫚(しゅろ)の木も、街中でよく見るはずなのに、不思議と初めて見たかのように感じてしまいます。


art

透明なアクリル板の間に画用紙が挟まっています。
平面的なタッチと相まって、まさに絵が浮遊しているかのようです。



木枠がナチュラルな印象の本作品は、同じナチュラルテイストのお部屋や、北欧テイストのお部屋と相性抜群です。
壁の色が透けて見えるので、飾る場所や光の当たり方によって異なる表情を見せてくれそうです。



※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。

FEATURE 特集とランキング

COLUMN コラム



    FOLLOW US