fragile site #54

40,000円(税込44,000円)

購入数
制作年
2020年
技法,材質
カラーインク/黒インク/紙/パネル
サイズ
400mm × 240mm
ストーリー
インクで帯状のイメージを描き、それを水で滲ませて画面を表しています。そのイメージは、私が眺める遠景と重ね合わせています。微かに揺らぐ遠くの景色に憧れを持ちつつ、その地点へ近づくほどにその憧れが薄れていく儚さを感じています。私が望んでいるのは遠景に見える地点ではなく、その地点と私の狭間にある距離そのものなのかも知れません。それは今でも脆く揺らいでいます。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

北島 曜

京都精華大学大学院洋画専攻修了。京都市在住。関西圏を中心に芸術活動を展開している。墨やカラーインクを使った、平面作品の制作と発表を行っている。



▼このアーティストの別の作品をみる


【遠景への憧れと儚さ】


遥か遠くに揺らいでいる景色を、インクで描いた帯状のイメージで表現したfragile siteシリーズの1つです。 遠くの景色は、近づくにつれその姿が失われ、持っていたはずの憧れも薄れていく。望んでいるのは景色の実体ではなく、間に存在する距離そのものなのかもしれない、という儚さが感じられます。

北島 曜

実体があるようで実は限られた空間にしか存在しない、束の間の光景が写し出されています。
カラーインクで描かれたモチーフが水の滲みによって見せる淡く儚い姿が美しい作品です。

北島 曜
水の揺らぎの表現がスタイリッシュな印象の本作品は、お部屋をよりクールに見せてくれるでしょう。ミッドセンチュリーテイストの家具ともよくマッチしそうです。
同シリーズの他の作品と並べて飾ってみるのもオススメです。

北島 曜


※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

FEATURE 特集とランキング

COLUMN コラム



    Follow US

    >