come out of a dream #1

18,000円(税込19,800円)

購入数
制作年
2020年
技法,材質
カラーインク/紙/パネル
サイズ
200mm × 200mm
ストーリー
私は眠りの中で夢を見るたびに、目覚めたあとで不思議な感覚を抱くことがあります。夢は現実の記憶から映し出されるとされますが、その一方で夢の中で得られたかもしれない記憶は目覚めとともに曖昧となりその確かさを失ってしまうからです。
画面の中央を隔てるようにインクで描かれたイメージは、夢と現が鏡合わせのように存在していることを表しています。その上から水で描かれたストロークには、私の意識が夢と現の境界を行き来していることを表しています。境界を跨いで互いのインクが混ざり合い、失われた確かさがその痕跡のみを残しているイメージを表した作品です。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

北島 曜

京都精華大学大学院洋画専攻修了。京都市在住。関西圏を中心に芸術活動を展開している。墨やカラーインクを使った、平面作品の制作と発表を行っている。



▽他の作品・プロフィールを見る


【夢と現の境界にて】


インクの上から描かれた水のストロークが、2つの色の境界を曖昧なものにしています。
補色である赤と緑のコントラストは、夢と現の鏡合わせの関係を思わせます。


alt

色が混じりにじんだ痕跡が偶発的な模様として現れ、幻影のような佇まいを見せています。
夢と現を行き来している時の不思議な身体感覚を想起させるような、流動的な軌跡が美しい作品です。

alt
シンプルな印象の本作品は、どんなお部屋にもスタイリッシュなエッセンスを加えてくれるでしょう。
飾る場所によって、また違った表情を見せてくれそうです。

alt


※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >