満月

36,500円(税込40,150円)

購入数
制作年
2019年
技法,材質
アクリル、木製パネル
サイズ
300×300
ストーリー
この絵の制作日は2019年3月21日。春分であり満月の日でした。長い冬を越え、生き物たちが一斉にエネルギーを外に放ち出す季節に、ジャストタイミングでの満月という日がとても神聖に感じられ、その思いを込めて描いています。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

関口 彩

自然から受けたインスピレーションと装飾模様を融合させ、主に動植物や石などを描く。国内外での作品発表やライブアート多数。装画などを手掛ける他、アートを通した動物愛護活動にも参加している。



▼このアーティストの別の作品をみる


【装飾模様で描く自然】


白い満月を背景に、長い冬を超えた生き物たちの息吹が、いっせいに芽吹く様子が描かれています。
少しずつ天に向かって植物の茎に力強さを感じる作品です。

art

木製パネルのナチュラルな雰囲気と、作品の持つ自然の空気がよくマッチしています。
白い満月と青で構成されたパターンの対比が美しいです。


art

木製パネルに描かれた本作品は、シックなお部屋やモダンなインテリアとよく合います。
和の雰囲気も感じられるため、和モダンな空間に飾るのもおすすめです。

art



FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >