Personalty of the crowd

36,000円(税込39,600円)

購入数
制作年
2017年
技法,材質
アクリル絵具、岩絵具、金泥、パール粉、チラシ等のコラージュ
サイズ
H412×W320mm
ストーリー
作品名は「群衆の個性」という意味です。街を行き交う人々のドローイングを行う中で当時感じたことをテーマにしています。それは匿名性を持った群衆と、その群衆は一つ一つの個、個性を持った存在で成り立っている、という一見相反する関係がひとつながりであること。そしてそこには曖昧さや危うさ、一種の安心感が潜んでいるのではないか、ということです。 たとえ群衆の一部としての存在であっても、個としての意思を持ち、存在できたら、自分もそうありたい、そんなことを思いながら今作は生まれました。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

日比谷 泰一郎

武蔵野美術大学大学院日本画コース修了。国内外の個展、グループ展多数。岩絵具や箔といった日本画の画材とアクリル絵の具を組み合わせた平面作品を制作しています。



▼このアーティストの別の作品をみる


【群衆の中の個性を描く】


匿名性を持った群衆も、よく見ると一つ一つの個性で成り立っている。曖昧で危ういけれどどこか安心感の感じられる“群衆”と“個性”が、カラフルなドローイングで描かれています。

art

遠目に見ると一つの大きなモチーフのようですが、近くで見ると一人一人の人間が描かれているのがわかります。まさに、群衆と個性が見事に表現された作品です。


art

グレーの背景の中にカラフルな色彩がよく映えている本作品は、モダンなインテリアやシックなお部屋との相性が良いです。飾るだけでスタイリッシュな空間を演出してくれるでしょう。

art



FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >