a box with tape 4

43,518円(税込47,870円)

制作年
2016年
技法・画材
油彩、綿布、パネル
サイズ
302×302×50mm
ストーリー
工業製品の構造をなぞるシリーズの発展で、支持体の箱自体がモチーフになっています。本作は箱の上にテープがかかっているという設定で構成されています。 色彩の相互関係による奥行きを楽しんで頂ければ幸いです。 中央の縦方向の明るいグリーン部分のみ、ざらざらとしたマチエールがあります。 箱型で厚みのある作品です。
備考
サイン有
本人イメージ

ARTIST DATA

大城 夏紀

早稲田大学第二文学部卒業後、専門学校を経て、2012年東京造形大学大学院修了。第26回ホルベインスカラシップ奨学生。三菱商事アートゲートプログラム、シェル美術賞2017など入選。個展・グループ展多数。穏やかだが印象的な色使いと、普遍的な形を捉える独特のアートが存在感をもって人々の心を惹きつけている。


▽プロフィールの詳細をみてみる



【奥行きのある平面世界】

平面に構成されたはずの色彩が、不思議と奥行きを感じさせる作品です。シンプルかつ奥深い世界に、眺めているだけで惹きこまれていくのを感じます。

juliet

厚みのある箱型の本作品は、側面や天面からも各々の違った表情を覗かせます。 正面からだけでなく、様々な角度からじっくりと楽しめる作品です。



スタイリッシュな印象の強い本作品は、シンプルなお部屋との相性も良いでしょう。 同シリーズの作品と並べて飾るのもオススメです。


FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >