invisibility#9

56,000円(税込61,600円)

制作年
2020年
技法,材質
カラーインク、紙、パネル
サイズ
333mm × 404mm
ストーリー
水で描いた後に、カラーインクを流してイメージを描いています。画面が乾くと、水とともに私が描いた行為も同時に消失し、それらがあったであろう痕跡が残されます。いずれ消えゆくものの痕跡は、「見えないもの」と「描くこと」を結び付けるための試みです。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

北島 曜

京都精華大学大学院洋画専攻修了。京都市在住。関西圏を中心に芸術活動を展開している。墨やカラーインクを使った、平面作品の制作と発表を行っている。



▽他の作品・プロフィールを見る


【消える痕跡に重なるイメージ】


乾くと消えてしまう水で描いた後、カラーインクを流してイメージを表現した作品。
完成品にはもう残されていない水の描線に、どこかはかなさを感じてしまいます。

北島 曜

キャンバスの上を走るカラーインクは、自由自在に広がっていくように見えて、実はもう見えない水の後を追っているだけ。
見えないけれどそこに確実にあったものが描かれている、不思議な感覚が味わえます。

北島 曜
様々なカラーインクで表現された本シリーズは、サイズやカラーも多様なので、何種類か組み合わせて飾るのもオススメ。
コンクリート打ちっぱなしの壁のようなスタイリッシュなお部屋との相性も良いです。

北島 曜


※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >