sightless outlines #7

40,000円(税込44,000円)

購入数
制作年
2017年
技法,材質
墨、紙、パネル
サイズ
273mm×273mm / 3S
ストーリー
水で正方形を描き、そこに墨を流し、幾重にしてイメージを表した作品です。同じような条件や環境で描こうとしても、同じイメージにならない、輪郭が表されているようで現れていないことを表現しています。
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

北島 曜

京都精華大学大学院洋画専攻修了。京都市在住。関西圏を中心に芸術活動を展開している。墨やカラーインクを使った、平面作品の制作と発表を行っている。



▽他の作品・プロフィールを見る


【定められた枠に広がる異なる表情】


大きさの違いはあれど、どれも同じ正方形のはず。なのに、そこに現れる表情はこうも異なるのか。
輪郭は同じであっても、正方形の一つ一つが個性的な墨痕を残しています。

sightless outlines #7

墨の折り重ねで異なる濃淡や、水の流れによるムラの美しさは、墨一色で描かれているとは思えないほど表情豊か。一つ一つの墨の流れに心奪われる作品です。

sightless outlines #7
白いキャンパスがベースの作品ですので、白以外の壁に飾るとよく映えます。シリーズの作品を並べて飾るのもオススメです。

sightless outlines #7


※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >