草木の事象

22,000円(税込23,760円)

制作年
2014年
技法,材質
カラーインク、アクリル、水彩
ストーリー
梨木香歩さん著『家守綺譚』の装画イメージで描いた作品です。
サイズ
297mm×420mm /A3
備考
サインあり
本人イメージ

ARTIST DATA

かけがわ 惠

アクリル、カラーインク、水彩などを使用し、 自分が美しいと感じる色の絵を描いています。



▽他の作品・プロフィールを見る


【植物のシルエットが見え隠れする】


淡く、繊細なタッチがとても美しいかけがわ 惠さん。
家守綺譚という、不思議なファンタジーの小説の装画イメージとして描かれたこちらの作品。
家守綺譚は全28章の全てがそれぞれ植物の名前となっている小説ですが、こちらの作品からはその全ての章の植物のシルエットがちらりと見え隠れしている気がします。

植物

木の枝、植物の葉っぱ、稲の穂…色々と見えてきそうな不思議な表現力を持った作品となっています。

植物
非常に淡い色使いと、ホワイトスペースがふんだんに使われている作品となっており、一歩引いてみると、ドライフラワーのようなお洒落な雰囲気も漂わせます。

植物


※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



Follow US

>