a box with pencil line_pink

32,407円(税込35,648円)

制作年
2016年
技法・画材
油彩、綿布、パネル/Oil on cotton, wood panel
サイズ
350mm×100mm×50mm
ストーリー
支持体の箱自体がモチーフになっています。色鉛筆の線をイメージしたグリーンのラインの内側はぺインタリ―な面構成になっています。パネル型BOXタイプなので厚みがあります。縦にすると縦長、横にすると横長になり、展示方向によって作品の表情が変わるのがおもしろい作品です。
備考
サイン有
本人イメージ

ARTIST DATA

大城 夏紀

早稲田大学第二文学部卒業後、専門学校を経て、2012年東京造形大学大学院修了。第26回ホルベインスカラシップ奨学生。三菱商事アートゲートプログラム、シェル美術賞2017など入選。個展・グループ展多数。穏やかだが印象的な色使いと、普遍的な形を捉える独特のアートが存在感をもって人々の心を惹きつけている。


▽プロフィールの詳細をみてみる



【線と面の重なりが魅力的】

ボックスに描かれているフラットな平面が線と重なり、印象的な雰囲気を作り出している作品です。油彩を上手に操り、フラットに仕上げているため重厚感があり、とても素敵です。
今回の作品は縦長になっており、ミニマムな印象を与えます。


box,テープ

色の重なりが緻密に描かれていて、シンプルなのに見れば見るほど引き込まれていきます。
また、側面もこだわった色使いがされていて、粋な仕上がりとなっています。
box,テープ

ミニマムだからこそ、部屋に飾るだけでおしゃれな雰囲気となります。

box,テープ


※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※

キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。


box,テープ

FEATURE 特集とランキング

STORY コラム



    Follow US

    >