春を縫う

30,000円(税込32,400円)

技法・画材
キャンバス・板・油彩・テンペラ・糸
サイズ
227mm×158mm
ストーリー
仕立屋のハリネズミがキャンバスに春の花を咲かせました。本当の刺繍でできた花や、絵だけど刺繍のような花や葉、両方が複雑に入り混じり、不思議な雰囲気を生み出しています。側面を生かし、キャンバスのままでも飾れますが、ご要望があれば、額装いたします*額代別
備考
サイン入り
本人イメージ

ARTIST DATA

shirakawa miki

油彩テンペラ(古典絵画技法油彩)でちょっぴりシュールな非日常を表現。イタリア留学後、銀座の画廊や百貨店などで個展15回、グループ展多数。現在は仙台を中心に活動中。

▽プロフィールの詳細をみてみる


【糸で春を生み出す仕立て屋のハリネズミ】



仕立て屋のハリネズミが、糸で次々と花を塗っていくという、miki shirakawa のコラージュ作品。
絵本のワンシーンのような明るくて可愛いストーリーがある作品です。



糸と絵の具が複雑に組み合わさり、自然な構成で織り成されています。
  



額のサイドにも、これからハリネズミが縫っていくであろう春の草の絵が描かれています。





FEATURE 特集

STORY コラム



Follow US

>