コラム一覧に戻る

2021.09.03

アートのツボ

インテリアアート・アートパネル・ファブリックパネル・額縁を飾るためのツールを知ろう


WASABI運営事務局

ペン

WASABI運営事務局

みなさんこんにちは!

アート専門の通販サイト、WASABI(ワサビ)です。


「インテリアアート」

「アートパネル」

「ファブリックパネル」

「キャンバス」

と、さまざまな呼び方があるアート。


額縁に入った作品もありますよね。


自分好みの作品が見つかっていざ購入!!

しかし、家に届いたときに気がつくのです。


結局どうやって壁に飾るんだっけ...??


画像

お家の壁の状態、アートの大きさ、重さなど、飾るためには調べることが多くて大変ですよね。


そこで今回はアート専門通販サイトの私たちが【とにかくこれを買えば大丈夫!】というツール類を、自信を持っておすすめさせていただきます。


★検索でアートパネル/ファブリックパネルと調べて良いものが見つかった(購入した)方

★手元にアートはあるけれどまだ飾っていない方

★色々なツールを知りたい方


はぜひお読みくださいね。


一緒にアートのある暮らしを楽しみましょう♪






迷ったらコレ! 100cm×100cm以内のアートパネルならこれでOK

わたしたちWASABIだけではなく楽天やインテリアショップなどで見かけるアートの大半が、一辺100cm以内に収まるものばかり。


それに加えて、日本の多くの一般住宅の壁は、塗装ではなく壁紙が貼られていることが多いですよね。


ベーシックなものを一つ持っておきたいと思う方におすすめなのが「コマンドフック」。


種類も豊富で楽天/Amazonともにレビュー数の多い一点です。


もう一つおすすめなのが「くりぴたフック」。


その魅力はなんといっても耐荷重量。壁にピンを差し込まずに2kg(2000g)のものを飾れる商品はそう多くはありません。


特に額縁付き&大きなアートをお持ちの方はぜひお試しください。



3M コマンドフック 2個入り(耐荷重各500g)楽天595円



清和産業 くりぴたフック Mサイズ4個入り(耐荷重各2kg)楽天1,317円




一度買えば絶対に損しない。繰り返し使える粘着剤


"練り消し"のように手でこねて使う、繰り返し使える粘着剤。


まずはアートの背面4~6箇所にこの粘着剤を付け、そのまま壁にぎゅっと押しつけることで、貼るように飾れる優れものです。

画像

これは「ひっつき虫」


画像

アートの背面に貼ります



転倒防止のために置き物の下に貼っている人もいるとか。


写真や画用紙、ポスターなど軽いものであればなんでもペタペタと壁に貼れてしまいます。


お子さんと一緒に作業をしても楽しそうですね。


ひっつき虫は白色、ブル・タックは薄い青色になっています。


ご自宅の壁の色やアートをおきたい棚の色などを考慮して選んでみてはいかがでしょうか。



コクヨ ひっつき虫 1シート40g(耐荷重500g)楽天269円



長光 ブル・タック 1シート45g(耐荷重 約500g)楽天264円




番外編


ここまでおすすめの商品を4つ紹介してきました。


ここまで来たら、アートを選び同様にフックにもこだわりたいですよね。


実は、よくある悩みとして「アートをフックから外すとフックが目立ってしまう」という声が挙げられます。


壁から剥がしてしまえばいいのですが、それもちょっと面倒だったり...。


そんなときは"魅せるフック"を使用してみましょう。


3Mが出しているコマンドフックはグリーン、グレー、ホワイトの3色。ころんとした形が可愛らしいですね。



そしてアートを飾る全員が持つ悩み第一位が「壁を傷つけてしまう」こと。


今回ご紹介したものは基本的には壁紙を傷つけないものですが、万が一剥がれてしまったときのために"補修セット"を持っておくと良いかもしれません。


親指サイズの傷であればすぐに直せてしまいますよ。



フックだって可愛いのがいい!そんな方は
3M コマンドフックラウンドS 1個 楽天478円




壁紙が剥がれちゃった!そんな時は
建築の友 クロスのはがれ補修セット 楽天1,190円









さいごに

いかがでしたか?  今回は


★検索でアートパネル/ファブリックパネルと調べて良いものが見つかった(購入した)方

★手元にアートはあるけれどまだ飾っていない方

★色々なツールを知りたい方


へ向けてWASABIおすすめのツールをご紹介させていただきました。


アートのある暮らしが少しでも快適なものになれば嬉しいです♪






■今すぐアート探したい方はこちら



■アート×インテリアの写真をご覧になりたい方はこちら

画像

■新着アート情報を定期的に受け取りたい方はこちら

画像

FEATURE 特集とランキング

COLUMN コラム



    FOLLOW US