六月の唄

200,000円(税込216,000円)

購入数
制作年
2017年
技法・画材
アクリル・キャンバス
サイズ
本体727×606mm
ストーリー
六月。雨を受けて自然の中で細胞が生き生きと成長するイメージを描きました。
備考
サイン有
本人イメージ

ARTIST DATA

上原菜摘

1984年生まれ。油画を学んだ後,各地で壁画制作、ライブペイントなどの創作活動を始める。現在はアクリル画が主。音や人と関わり合いながら自分以外の感性が混ざり絵が出来上がる公開制作に魅力を感じ、公開制作を中心に活動中。また創業130年の印章店「述章堂」の五代目。


▽プロフィールの詳細をみてみる



【植物が成長していく音が聞こえる】

女性らしい色使いの中にある鋭い感性で、伸び伸びとキャンバスに筆を走らせる上原菜摘の作品。本作品は鮮やかで生命力に溢れた緑が、雨に濡れてその力を増していくようなパワーのある作品です。

アート,絵,上原菜摘

明るいながらも意外性のある色使いで、キャンバスの端から端まで描き切った当作品は、大型で部屋の印象を飾るだけで変えてくれます。

アート,絵,上原菜摘

まるで音楽が聞こえてきそうな、勢いのある作品です。

アート,絵,上原菜摘



SPECIAL ISSUE

STORY コラム




Follow US