赤のフォルテッシモ

65,000円(税込70,200円)

購入数
技法・画材
板・油彩・テンペラ・混合技法
サイズ
283mm×353mm
ストーリー
音楽と猫が好きな方にはたまらない一枚です。一見、普通の猫の絵ですが、よく見ると、、ペダルを踏みつつ演奏しつつ足がピアノに。自らがピアノになりつつ素敵な音楽を奏でます。フォルテッシモとは、音楽記号の強く=フォルテの意味のイタリア語。ピアノの側に飾れたら、とてもおしゃれでユーモアがあります。
備考
サイン入り
本人イメージ

ARTIST DATA

shirakawa miki

油彩テンペラ(古典絵画技法油彩)でちょっぴりシュールな非日常を表現。イタリア留学後、銀座の画廊や百貨店などで個展15回、グループ展多数。現在は仙台を中心に活動中。

▽プロフィールの詳細をみてみる


【ピアノになった猫】


赤をベースに、クスッとくる猫の絵を描いたmiki shirakawaの作品。
鮮やかな色合いが気持ちよく感じられます。



一見、ただの猫の絵にも見えるけれど、よく見てみるとお尻の部分がピアノの鍵盤の部分になっています。
  



その状況がコミカルでありながら、猫の表情が鋭くて、全体的にシュールな絵です。



ピアノのある部屋に飾れば、ピアノの黒とマッチして空間が映えるでしょう。





SPECIAL ISSUE

    STORY コラム

      Follow US