Seed of the Grail

50,000円(税込54,000円)

購入数
制作年
2017年
技法・画材
アクリル、メタルラッカー
サイズ
f6号、318mm×410mm
ストーリー
Simple geometric work encompassing the abstract music of the same title .同じタイトルの楽曲のために描かれた幾何学的な作品。
備考
サイン有
本人イメージ

ARTIST DATA

Alex Einbinder

1979年生まれ、ロシア・レニングラード出身。アーティスト一家にて育ち、エルサレムに移住後ファインアート科を卒業。 その後ミックスメディアアーティストとして頭角を現す。展示会参加、国際的なショーへの参加を経て日本へ移住し15年。多くの国々を渡り歩いた経験から、独特の視点を持ちインタラクティブなアート作品を作り出している。


▽このアーティストの素顔をみてみる
▽プロフィールの詳細をみてみる



【メタリックな疾走感のある絵画】

シルバーラッカーにアクリル絵の具。Alexは常に様々な画材やマテリアルを組み合わせ、新しい表現技法を探りながらキャンバスに絵を描きます。

kitamura

当作品は、「Seed of the Grail」と標題された、Alexらしい近未来的な作品。鈍く輝くシルバーと幾何学的な図形の組み合わせは、荒廃的なようで先進的なようにもみえます。



無機質だからこその疾走感を感じさせるエッジィな作品にビビッドなレッドやイエローが映えるアートです。



※キャンバスのみの場合の絵の飾り方※
キャンバスを裏にすると、箱型になっています。画鋲・もしくは貼るタイプのフックで絵の横幅に合うように2箇所を壁に固定し、キャンバスを表に返して上からひっかけましょう。
額縁に入った絵画と異なり軽いため、気軽に飾ることができるのも特徴です。
nagmusi

SPECIAL ISSUE

    STORY コラム

      Follow US